靴・シューズ/メンズ ブログランキングへ 忍者ブログ

革靴,ブーツの靴磨き,シューケア用品の選び方

 いつもアクセスいただきありがとうございます。靴磨き、手入れの頻度に関する情報から、シューケア用品の選び方と使用方法紹介。ビジネス、冠婚葬祭、就活など、革靴が活躍するシーン別での、お勧めの手入れや革靴紹介。また、ブーツの履きこみとエイジングのレビュー等です。(Amazon.co.jpアソシエイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。)

春です 茶系革靴のお手入れ 乾燥気味の場合 デリケートクリーム編

春ですねー。桜が綺麗な季節になってきました。茶系の革靴が活躍するシーズンです。

 冬の間、履かずに放置していた方のために、今回は少し手入れの間隔があいてしまった時の対策です。手入れ前写真は以下です。

 

 乾燥してますねー、この革靴は2か月ぐらいクリームを入れていなかったので、アッパーのカーフが、かさかさっとしてます。



 では、シューツリーを入れてお手入れしていきましょう。


 

 まずは、靴紐をほどきましょう。馬毛ブラシでブラッシングしていきます。靴全体をブラッシングして、ほこりを落としてしまいましょう。特に羽根の部分はほこりが溜まりますので、念入りに。





 ブラッシング後、ステインリムーバーを少量グローブクロスにたらし、古いクリーム等、汚れを落としましょう。ささっと撫でるように拭きます。





 ここで革の状態をもう一度みます。乾燥気味であったのは目視で分かりましたが、羽根の内側など、予想以上にくたっとしており、今回は

シュークリームではなく、デリケートクリームを使って

保湿することにしました。革のコンディションを上げるのが目的です。




 本ブログでおなじみの、モウブレイのデリケートクリームです。指で丁寧に入れていきましょう。



 デリケートクリームの成分はほぼ水分です。伸びるのが早いので、ある程度伸ばしてから指で入れ込む、押し込む感じですると、靴に入れるクリームの量が分かるでしょう。入れすぎには注意してください。

 



 デリケートクリームを入れた後に、プロホワイトブラシ(化繊ブラシ)で均一になじませます。また、レザーソール用のクリームを持っていれば、ソールをブラッシングした後に添付すると、持ちが良くなります。持っていなければ、デリケートクリームを入れましょう。

 


 忘れがちですが、コバの部分にも入れてください。ひび割れなどのトラブルに遭遇しにくくなります。




 最後に馬毛ブラシで全体をブラッシングして、今日は終わりです。

 靴に潤いが戻り、革の発色が若干良くなったかな。

 今回は、特に乾燥した靴のお手入れ方法でした。革がくたっとしてるなーというときには、デリケートクリームでの保湿をお勧めします。

 春は茶系の革靴が活躍します。グレーのスーツに茶系の革靴は鉄板コーデですよね。ベルトも茶系でまとめたいですね。最後まで見てくださった方、ありがとうございました。
 

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
男性
趣味:
靴磨き、ブーツ、ケア用品収集

P R