靴・シューズ/メンズ ブログランキングへ 忍者ブログ

革靴,ブーツの靴磨き,シューケア用品の選び方

 いつもアクセスいただきありがとうございます。靴磨き、手入れの頻度に関する情報から、シューケア用品の選び方と使用方法紹介。ビジネス、冠婚葬祭、就活など、革靴が活躍するシーン別での、お勧めの手入れや革靴紹介。また、ブーツの履きこみとエイジングのレビュー等です。(Amazon.co.jpアソシエイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。)

トリッカーズ(TRICKER'S) つま先、ソールの保護等

さて、前回の記事で触れた②③の悩みについて解説します。



 上の写真は、新品の時から3回履いた状態です。右側の写真の通りすでにつま先の削れが顕著です。

 私は、ダブルレザーソールのかえりの悪さ(靴が歩く際に曲がらない)をなめていました。

 比較的体重が軽い私は、完全に靴のスペックオーバーとなっており、体重の重い欧米人用に設計された(TRICKER'Sは英国王室御用達のバリバリの英国仕様)このブーツに履かれてしまいました。


 この調子で履くと、1年しないうちにつま先にラバーを入れる補修に入るかもしれない、ここで私は靴の修理屋さんに相談に行きました。

 親切に相談に乗ってくださった店員さん。そこでの結論は以下です。

◆レザーソールはカッコいいが、雨の日に履けないし、デリケート
◆つま先、ソールの削れを気にしながら履くのは精神的に気持ちよくない(少なくとも私は)
◆あまりお金をかけずに、10年以上履く前提で考える


 結果ハーフラバー(1500円程度)で手を打ちました。しかし。。。


 約10回程度履いたのち、写真のようにラバーのつま先が頑固にまた削れてきたのです。ここでもう一度靴屋さんへ

 そして、アドバイスをいただいた結果、つま先にスチールを入れることにしました。


 腕のいい職人さんだったため、こちらのオーダー通りとてもきれいに仕上げてくださいました。確か2000円強の値段だったと思います。

 靴底の全体写真です。
 


 つま先のスチールは、歩く際に最初違和感を覚えましたが、すぐ慣れました。
 

 せっかくのレザーソールを、もったいないと思う方もいらっしゃるかと思います。ソールが削れれば、オールソール交換(1回、1万円程度)すればいいじゃないか?ここは意見が分かれるところですね。

 しかし私のように、なるべくお金をかけず、靴を履く際のストレスを減らしたい、多少雨でも履きたいといった方には、このような処方箋もあるんだなーという程度に考えてくだされば幸いです。


 今現在の姿です。もうすぐ1年です。手入れを怠らなければ、写真のように自然なつやが出て、足元を彩ってくれます。ちなみに私はワックスは使いません。
 

 靴磨きの際には、ニュートラルのみ使用しています。コバに傷ができた際には、ロンドン・タンという色のクリームで捕食する程度です。

 私は綺麗にエイジングさせたいので、下のようなブーツツリーを使って、甲の履きシワや型崩れ等ある程度予防するようにしています。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
男性
趣味:
靴磨き、ブーツ、ケア用品収集

P R