靴・シューズ/メンズ ブログランキングへ 忍者ブログ

革靴,ブーツの靴磨き,シューケア用品の選び方

 いつもアクセスいただきありがとうございます。靴磨き、手入れの頻度に関する情報から、シューケア用品の選び方と使用方法紹介。ビジネス、冠婚葬祭、就活など、革靴が活躍するシーン別での、お勧めの手入れや革靴紹介。また、ブーツの履きこみとエイジングのレビュー等です。(Amazon.co.jpアソシエイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。)

チペワ(CHIPPEWA ) ブラック オデッサ リバース 6インチ プレーン ブーツ 履きこみ 手入れのレビュー

今回は、管理人所有のブーツ紹介です。

 チペワ(CHIPPEWA )の、6インチプレーン ブラックオデッサリバースです。


 前回記事で、雨の日の対策として、防水スプレーをかけたスエード靴の耐水性の高さについて触れました。
 これは、スエードのような感じですが、一般的な革靴の、表革を裏返して使用しています。




 毛が長いので、ブラッシング(豚毛ブラシなどの固めの毛)するごとに、表情が変わり中々楽しいブーツです。写真の状態で使用3か月ぐらいでしょうか。



 買ってきた状態は以下の通りです。



 ブーツなので、結構大きめの箱に入っています。
 中を開けると、写真右のようにタグがついた状態で品質の保証書??のようなものが入っていました。

 ブーツを履き始めの印象は、厚手の革の割には柔らかくて、履きやすい印象でした。




 
 左側写真の通り、靴底にViburam社のソールを使用しているのもポイントですね。グリップ力があるので、低い山をこれで登りました。グッドイヤーウェルト製法なので、1日中履くようなシーンでも、ストレスなく履けます。

 冬の観光地巡りなんてもってこいな感じの丈夫さと、履きやすさを兼ねそろえたいいやつなんです。雨にも負けず、雪にも負けず、今シーズン大活躍してくれました。


 購入してから半年ぐらいの状態が以下です。



 うっすらと甲に履きシワが入り、いい感じでくたっとしてきました。少し乾燥気味です。あとブラッシングをさぼると右のような少し毛羽立った感じになります。

 このブーツに関しては、管理人はほとんど気を遣っていません。
 このブーツ独特の荒々しい毛並がカッコいいと思ったり、毎回履くごとにブーツの表情の変化が楽しかったりしますw 





 そうはいっても、乾燥状態が続くと、思わぬキズや、アクシデントに見舞われるので、ウォーリーのスエード用スプレー(カラーレス)をたまに吹きかけて、栄養を補給、防水スプレーでケアしています。(左写真)
WOLY ウォーリー スエードカラーフレッシュ ニュートラル

 右写真はブラッシング用の豚毛ブラシと、スエード靴用のゴムとナイロンブラシがセットになっているものです。このゴムブラシはちょっとしたキズをカバーするのに便利です。


 下の写真で手入れ前と、後を見てみましょう。



 左が手入れ前、右が手入れ後です。

 栄養スプレーを吹きかけ、軽くブラッシングして整えました。乾燥状態が改善し、毛羽立ちが抑えられました。この後、軽く防水スプレーを振っておくといいでしょう。これでまた1か月ぐらい履けそうです。

 以上今回は、チペワ(CHIPPEWA )の6インチプレーンブーツ(ブラック オデッサ リバース)でした。一般的なツヤ革に飽きてしまった方や、足元のバリエーションが欲しい方は、店頭で手に取って見られることをお勧めします。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
管理人
性別:
男性
趣味:
靴磨き、ブーツ、ケア用品収集

P R